夕方思うこと

ほとんど毎日絶望的な気持ちで帰路につく。

痛覚がない筈の腸が痛み(ステージ4?)
それに伴う腰痛。
ひどい日もあれば、少しは軽い日も。

駐車場までの短い距離を進む足はどうもまっすぐではないようだ。
「水郷」と呼ばれるこの地の名物クリークに転落したのではシャレにもならないなどと考える。

意識が少しぼんやりしているのがわかる。
・・・運転は大丈夫そうだ。
どしんっとシートに身体を預ける。

日が短くなり、あたりはすでに暗い。季節が進んだので
平野部でちょうど落日を見ながら走るというタイミングにはもう出くわさない。
落日を人生の終焉にたとえるのは我らのセンセイがよく書いていたな。
だから真っ赤な空を美しいとだけの思いで見ることはできないのだ。

帰路がまだ明るいころ珍しい虹に何度か遭遇した。
ナントカの土産のような気がした。

家族に、兄に、後を託す友人達に話さなくては、と思う。
いちばん話さなくてはならないアイツに・・・きっと今日も話せない。

涙は不思議と出ない。

豊かな食生活

炒った米ぬかにヨーグルトと蜂蜜、そんなものを作っては口に運ぶ。なんだこれは。
バナナなんかもう飽きた。って贅沢言うな。
ガゴメ昆布のサプリ。効果なんかわからない。気休めかもしれない。
ビール酵母の錠剤を日に30錠も。ヤクルト400と胃で混ぜるといいのだろう。
タウリン3000mgの安いドリンク剤。これで頑張れ肝臓。
軽蔑していた10秒メシ、マルチミネラル。じゅりじゅる・・・(人間じゃねえな)
下剤がわりにしかなっていないであろう、市販の野菜ジュース。
もうどれだけ食ったか、めかぶ。しらすを加えてグレードアップ?
娘とチビ犬だけは喜んでいるらしい玄米。今更思う歯の大切さよ。
魚、鶏。ありがたや。お前たちだけよ。
野菜・・・無農薬有機なんて・・・そんなものないよ。

大好きだった麺はほとんど口にできなくなった。詰まるんだもの。つまんない。

牛豚鶏卵食塩砂糖刺激物アルコールバターチーズ牛乳スナック類禁。
油脂はEV(エクストラ・バージン・オリーブ・オイル)だけにする。
食べられるモノ激減!

教え子の差し出す菓子はノーサンクス。ごめん。

ラーメン食いてえ。ステーキ食いてえ。ピザ食いてえ。餃子食いてえ。
汚い旨い中華メシ屋行きてえ。ジャンクフード食いてえ。
コーヒーはいいのか悪いのかわからないが、どっちみちインスタントじゃ話にならんわ。
ちゃんとした旨いコーヒーを好きなだけがぶ飲みしたい。

体重がどんどん減って行く・・・

朝思うこと

ああ、昨日の続きがやっぱりあるんだと。

今日はどうだろうかと。つらいのか、すこしはラクかと。

行かねばならないので心と身体に鞭打ち行くだろうが、終いまでやりおおせるだろうかと。

人を導かねばならないが、どれほどはっきりしていられるだろうかと、頭の中の味噌。

彼らを教える時間の価値(自分にとって、彼らにとって)、それに使う残り時間の消費、
別の使い方との重さの比較。

いいのか、いいはずだ、少なくともそれなりに考え決めたはずだ。

伝えたい、伝わっていない。動けなかった日伝えたつもりが十分でない。
いざという日が来てしまう前にはっきり伝えておかねばならない。
躊躇と、止まらない日常の歯車が(止まっては困る)またそれを先延ばしに。

今日、何か少しでも生きた証拠を残せるのだろうかと。

昨日、今日、土日

残された時間は刻々少なくなっているというのに
無気力
そして意志薄弱・・・

何の為に、誰の為に。

砂時計


さらさらと・・・

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

予定外

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

なんしたらええんじゃ

ムーさんは言いました2

「寒くもないのに腰がひんやりスースーするー。身体のあちこちが痒くなって、蚊に刺された直後みたく皮膚が膨れるー」

他の人が言いました。
「アレルギー?免疫力低下?肝機能に何かあっとかもねぇ。」

キムさんは言いました。
「男はのぅ、家族んために死ぬまで働くとたい。」

ムーさんは言いました

「頸がポキポキいうー。重だるかったりしてつらーい。手足にしびれが出てるー。」

他の人が言いました。
「んー、頚椎のずれたり、変形しとっとやなか?」

キムさんは言いました。
「男はのぅ、家族んために死ぬまで働くとたい。」

タリスマン

デジカメが行方不明なので写真が載せられないが、ラッキーストライクのジッポーである。
ラッキー125周年記念のもの。いい具合に塗装が剥げ、地肌の真鍮があちこちに姿を見せている。
釣友キムギがわしの爆釣を祈念してくれたもの(あまりの坊主ぶりが可哀相だったのか・・・)
ラッキーストライクとは弓矢・銃などの練習で使う的の中心に当たる「大当たり」を意味する。
わしはゲンを担ぎ、大事な事のある日はこれにオイルをたっぷり吸わせて持って行くことにしている。
負けると思っていた競争入札に勝ったこともある。これだけは失いたくないと思うもののひとつである。

湯沸し事情

家を建てたときにはガス風呂だった。友人から薦められてコストの安い灯油ボイラーを追加し、湯沸しは灯油、追い炊きと調理はガス、と使い分けるようにしていた(家族が面倒臭がってほどなくガス一本になってしまったが・・・)
我が家は10年ほど前から太陽光発電である。んでもって、途中からIHクッキングヒーターを導入した。
さてそうなるとガスを使うのは風呂だけということになる。お風呂にはいることのコストなんて家族の連中は気にもかけてないだろうが、農協のプロパンガス宅配で高いんだこれが。ちょっと滞納していたら8万円以上にもなってしまった。
今年ガス釜の追い炊き機能が怪しくなってきたこともありガスの契約を打ち切った。これで今は灯油一本。
ほんとうは給湯はエコキュートにすれば最も太陽光発電+深夜電力契約のメリットがでるのだがね。。。
灯油は宅配してもらうと高そうなので毎度毎度買いに行く。1回36リットル。面倒臭いが風呂にはいれないのでしゃあない。

この近辺には温泉が多く湧出しているのでここも「掘れば出る」とは言われている。試掘に1億円かかるそうだから無理だがね。

草刈タミヨ

刈払い機も新調した。18,800円。先代リョービは消耗品を何度か替えて延命させてきたが、キャブオーバーホールの作業もむなしく、とうとうエンジンがかからない、ただの粗大ゴミとなってしまったのでお役御免。10年くらいは使ったので、まあ、仕方のないところか。
今度のは丸山製作所という会社のもので、同じく23ccを買った。20,23,26とあるようだが3ccのパワーの違いがどの程度のものか、他の排気量を使ったことがないのでわからない。どうせ庭草しか切らないのでそんなにパワーは要らないものと思う。
今度のはエンジンキルスイッチがパチン、パチンと上下させるもの、また、始動チョークがレバー上下の手動式。すべてがマニュアル操作というところがなんとなく昔のバイクみたいでマニアック(?)なところが気にいっている。
クラッチ(?)が弱めの設定なのかちょっと抵抗があると直ぐに空転を始める。安全面からはいいのだろうが慣れない。
何ヶ月もぼうぼうだった庭が少しすっきり、これで我が家も廃屋には見えまい。
新しく加わったツール、タミヨちゃんと命名して大事に使うようにしたい。

火炎放射器

庭のマダニ駆除のために火炎放射器を買った。草焼きバーナーとして売っているものである。ネットで下調べしたら12,000円ほどもするということだったが、実際の店頭では8,800円で仕入れることが出来た。
携帯ロケットランチャーみたいでカッコいい。最初に「余熱」という作業をやらなくてはいけないことと、燃料の注入が少しやりにくいことを除けば重量もそれほど重くはなく、肝心の炎も想像していたよりは強力でまずまずである。
先代はガスボンベと灯油の2種類の燃料を併用するもので灯油タンクは別体、ホースの取り回しが面倒だった。結局ガスボンベのチャック部分の樹脂部品が折れてしまいシャカとなったが、今度のは故障する要因が少なそうである。
2代目巨神兵、活躍を頼む。憎きマダニを絶滅させておくれ。。。

こまにゃにちゃん

バカ息子。小さい時♪いっぬっの〜こまにゃにちゃん♪と歌っていたので一部では「こまにゃに」。「バル」とも。
こまにゃには首の皮1枚残して致遠館なるヨカ学校を卒業し、以来引きこもり。
唯一社会との接点はアルバイトの学童保育。それ以外は中古のノートパソコンにかじりついているか、寝ているか。
食事も満足にとらずひたすら引きこもっている。何が楽しいのか?
顔を見るたびブン殴りたくなる、わしのストレスの種である。

井手ちゃんぽん

先日、息子の野球応援の帰り、井手ちゃんぽんを食べに行った。麺大盛りを頼んだら食いきれんかった。でも旨かった。

庭のマダニ

今年も庭にマダニが大量発生している。もとは野生動物かネコが持ち込んだのであろうが、外犬に取り付いて増えた。一匹が数千個の卵を産むらしいのでおそらく我が庭には天文学的数値のくそマダニ野郎どもがひしめいている。長靴を履き、数歩歩くだけで百を超える数が取り付いてくる。小屋に近づくことすらままならない。刈払い機も草焼きバーナーも揃って今年駄目になったのでコメリで新調。3万円の出費が痛い。
1mmに満たないダニだが、一丁前に刺して吸血にきやがるので放置はできない。庭中火炎放射と草刈大作戦を展開しなくてはならない。誰か巨神兵を貸してくれないか。。。
安心して庭を歩ける、トイプードルを遊ばせられる日が来るのだろうか・・・

子宮蓄膿症

みかん(ゴールデンレトリーバー)が臭い。食欲がない。水をがぶ飲みする。内股の毛が濡れている・・・ネットで調べたらどうも子宮蓄膿症であるらしい。お産を経験していない老犬がかかり易いと。家の中でばい菌だたけの膿を撒き散らされてはかなわないので病院に連れて行くことに。30kgをかかえ、車に載せる。車の中は即けだらけ。診察即入院で翌日子宮と卵巣の摘出手術を受けることとなった。点滴の管を何度も食いちぎるので困ったという。隣のケージの狸が臭いのなんのって・・・
翌日手術に立会い。摘出された子宮は巨大なフランクフルトのようだがもちろん食欲が湧くようなシロモノではなくひたすらグロかった。
看護婦(?)さんの言うとおりみるみる元気を取り戻し、旺盛な食欲でりんご(トイプードル)の餌を何度となく盗み食いする。
まあ、生き延びれてよかったな。

色褪せた首輪残して -2-

もういっぽうの外犬、「カイ」も逝った。仔犬のとき、兄弟犬のなかでも可愛い顔をしていたので「可愛いちゃん」と呼んでいたのがつまって「カアイイ」「カイ」となった。育ってからは無駄吼えばかりしたり、自分で器をひっくり返しておきながら「水くれ」の催促をするのでちっとも可愛くなかった。正直「はよ死んでくれ」と願っていたのでその時が来たら何やらほっとしたものだ。
プレハブを引っ張る鎖に絡み。窒息?日炙り?の状態でぶらさがるようにして動かなくなっていた。だらりと伸びた前足には無数のマダニが大移動をしている。死んだ犬からも血を吸うつもりなのかこいつらは。
友人の鈴木夫妻から可愛がってもらったのがきっと最後の思い出となっていたであろう、わしはこいつを棒でブッ叩いてばかりいたのだ。
内犬、みかんの退院(子宮蓄膿症、手術代88,000円)に合わせて逝ったので、身代わりとなったのかもしれない。最後に役に立ったな。
先の「ぶう2」の近くに穴を掘り(こまにゃにに掘らせて)埋葬した。ぶう2は重くて運ぶのに苦労したがこいつはガリガリに痩せており、軽かった。8月19日。

test entry

test

色褪せた首輪残して

栗の花がむせかえるような匂いを撒き散らす梅雨入り、タイトルで分かる通り、飼い犬のうち一匹が逝った。
お向かいに昔居た老犬、ぶうの最後の一滴という落とし子なので、ついた名前がぶう2(ツー)。
特技はせわしなく動き回りながらの「待て」(お預け)のみという無芸さ。

病名なんぞはワカランが糞詰まりで死んだのには間違いない。腹回りが異様に大きくぱんぱんになっており、あたりには新しい雲古が見当たらないことから数日間は出していなかったと思われる。苦しかっただろうに昨日まではこちらを向いて尻尾を振っていたのだ。

バスタオルでくるみ、階段を上ったところにある公民館わきにある空き地に今しがた埋めて来たが、中型犬が入る程度の穴を掘る作業があんなにもしんどいものだったとは、体力の大幅低下だろうか。大汗をかき、息がアガってへたり込みながらの作業だった。帰ってシャワーを浴びたが未だ汗が止まらない。

栗の花の咲く蒸し暑い日に、今日のことを思い出すのだろう。



年が邪魔する

亀の甲より年の功なんて言うけれど
年が邪魔して
どこのジグソーパズルにも
嵌まらない

行き場なしやでホンマ・・・

やばい

何もかもやばい
訪問者数

娘18番茶も出バナー
↓これをプチするとね、凄いことに別段世の中は変わりません
ジモモ佐賀
Yoshida Tadashi

バナーを作成
  • ライブドアブログ