2005年06月

息子サンのこと

以前、Akemisanの「徒然に」にこのようなコメントを寄せた。

自分の娘や息子に、自分の欠点である部分の 類似性を見たとき、怒りがこみ上げてきます。
性の起源というのは種の弱点を補完するために (分裂での増殖だと全くのクローンにしかならない) 別の種と体組織の一部を交換することに始まった という説があります。
自分と似た別の個を弱点補完して次世代に残す。 この目的が失敗に終わったことを悟って 原始の記憶にある感情が揺さぶられるのでしょうか。
DNA、造物主の英知と呼びたくなる素晴らしい 仕組みですがいいとこばかりを残していけない ところがまた面白悲しいというか・・・Sigh


長男がこちらの思惑に沿わず、イライラ。つい大声で叱ったり、長々と説教したり、ときには手を上げたり・・・何ヶ月も家内と(息子もそうっだったに違いないが)つらい日々を過ごし一時は家族関係が崩壊せんかとするばかりだった。
先日藁にもすがる思いでスクールカウンセラーと面談したところ「好きなモノは止められ、嫌なコトばかりでエネルギーを無くしているのですよ」と。「子供をこちらに合わせさせるのは無理ですよ」とも。
びりっケツから抜け出し、幼児性と決別し、強く正しく成長して欲しいと考えた親の方が間違っていたようです。もう、やかましく干渉するのはやめ、パソコンもゲームもマンガも許しました。すると息子は自分から話しかけてくるようになり、彼なりに楽しみは自制して課題も提出するようになってきました。良くて親並みとあきらめ、彼の人生彼のものってことにするかなぁ。家族で楽しく過ごせることの方が大事だモンなぁ。

アヒルご飯2

edd135f3.jpg何気なく検索エンジンで「アヒルご飯」と入れてみる。と、知らんやった!(@_@)タイ料理でカオ・ナー・ペットというのがあり、これがアヒルご飯なんだそうだ。
【引用】煮込んでゼラチン状になったアヒルの皮を乗せたご飯。プルプルにうまい。30バーツ(約90円)だったが、もう5バーツ出すと、ゆで卵が乗る。
う、うまそうやんけ。。。。。
そうかと思えば「死語どっとこむ」なるサイトには、わしが使う意味でのアヒルご飯もあり、おんなじこと思うつく奴もいるもんだと思った次第。

だからこうね。「アヒルご飯にアヒルご飯を食べに行かふ!」
誰かエスニック料理(タイ)のオイシイ店探しといてチョモランマ。

上の写真は「アロイ!!タイ料理」から勝手に拝借しました。ゴメンナサイ。

生まれるのは偶然・・・

「生まれるのは偶然、生きるのは苦痛、死ぬのは億劫」などと人生を評したシニカルな言葉があり、また、「人生とは愚行の連鎖に過ぎない」と言った人もありました。私もそんな気分になってしまうことは少なからずあります。しかし、Akemisanの「運命的な出会い」を読むと「人生には意味があり」、「生まれるのは必然、生きるのはハッピー・・・」なんじゃないかという気になり元気が出ます。ほんっと強運をお持ちなんだろうなァ。

三十路の「呼ばれた?」も「あぁ、何かしらそんなことってあるよね」と確かに思う。科学や論理では到達できないこと、人知を超えた大きな力の存在は時に神であったり縁であったり虫の知らせであったりして、やっぱり頑としてあるのでしょう。生命の起源だって宇宙の起源だって恐竜の絶滅だってあらゆる学説は推論でしかないし数億年前の星の光が今自分の網膜に像を結んでいるなんて理屈はわかってもやはり信じがたい神秘ですよね。

体痛ぇ〜

わんぱくライダー 昨日日曜日のこと。店が暇だったので早々と切り上げ、ぢゅんこサンとSAW君、わしの3人で遊ぶ。高取山は実際登ると運動不足の人間にはキツイ。登るということは仕事としては体重と同じ荷物を持ち上げること。65kgの体を30mの高さに上げれば1950kgm。2トン近いもの(例えば乗用車)を1m上げるのと同じ仕事量なのだ。小学生と20代の女性は息一つ切らさずやってのけたが、わしはハアハアゼイゼイ情けないったらありゃしない。クソッ。

帰りはわんぱくライダーという乗り物で下る。ぢゅんこサンをS字カーブでかわし、何とか面目は保てた・・・かな?(大人気ない?)

お次はぷよぱー奥を加えてテニス。それが終われば自宅での仕事が待っていた。田之上慶三郎の好投を庭から聞きながら自宅雑草ジャングルと格闘(~_~;)。
無駄な努力の雑草取り、雑草とて大自然の一部である。人間の力など及びはしない。「とってもとっても減らないモノなあんだ?」

そんなこんなで今日は体が痛いよ。

お金って何だろう?

自由に移動させられ、変質しない、殆どのものと交換させられる便利な価値。そうした価値の代替としてのシンボル、でしょうか。国はイザとなりゃあ原価の数百〜1000倍ほどの価値を生み放題だからイイよなあ。民は一生懸命(時として誰が為に、何の為にと溜息つきつつ)働いて、絞られて、工夫しても倹約してもそれでも足りずにヘビさんの抜け殻にすがったりもするんですよねぇ。 私なんかは甲斐性なしで要領の悪い奴ですからいつも足りないのですが、それと同時に執着もないような気がします。欲しいのではなく、要る分に足りないという感覚かなぁ。尤も、手にしたことがないから使い道を知らないのでしょうけどね。 その一方で賢い連中が社員達の努力次第で上がったり下がったりもする株を売買して利ざやをあげるとかM&Aとかは何だか好きになれんなあ。苦労して作ったお金とゲーム的に作ったお金が全く同じ価値を発揮するのに抵抗を感じるのはおかしかやろか?頭の悪かとやろか? Akemisanの吉兆はまさに吉兆でありましょう。某初仕事をきっかけとして飛翔したかもんですネ。

写真追加

三瀬りんごのタルトカントゥッチ他

さっきの投稿記事に写真追加しとこう。そういや編集画面では画像いれられないよなあ・・・。複数枚画像とかどうやっていれるのか研究しなきゃ。

三十路にとらば

奥とヨリコ「ぷよぱー」奥がりぃちゃんに教えたガトーショコラが大好評だったようで、こちらとしてもうれしいかぎり。睡眠不足で多忙な彼女が一生懸命いろんなことに取り組んでいるのを見るにつけ健気さを感じていじらしい。もともと奥は料理やケーキ作りが好きな人ではあるが、山パスでしばらく(ビザが下りるまで宙ぶらりんの期間に)バイトしていたヨリコの影響もある。ヨリコは大阪のイタ飯屋にいるパティシエなのだがイタリアに複数回修行に行っている。彼女がいたときの山パスは常時数種類の焼き菓子を店頭に並べ、季節の果実を使ったタルトやパイでお菓子フェアまでやっていたのだ。 パウンドケーキに関しては近所で通販専門でやっているバアちゃんがおり、ずっしり重い濃厚な味のものを提供しているのでほんとのパウンドケーキというものを体験してみても悪くないだろう。ちなみに材料費をかけすぎているためちっとも儲からない(趣味でやっているとしか思えない)らしい。ここのページはタダ同然でやらされたのでこちらも儲けてはいないのだ。尚、デザインは「目が見えなくなってきている人向け」がコンセプトなのでページを見ても「だっせぇ〜」などと思わないでくだされ。
訪問者数

娘18番茶も出バナー
↓これをプチするとね、凄いことに別段世の中は変わりません
ジモモ佐賀
Yoshida Tadashi

バナーを作成
  • ライブドアブログ