2013年11月

学校の制服とか制マフラーとか制コートとか

掲題の件につき友人が御子息のそれで愚痴ってた(?)のでちょいと。

----------(無断引用始まり)-----------
長男の通う高校、コートは学校指定、ただ高価なだけでカシミアで重くて着られない。他のコートを着て見つかると没収だとゆう。今日、長男は黒のネックウォーマーを首に巻いていった。校則では黒かグレーのマフラーの着用とある。自転車に絡まって首を絞めてしまうかも知れないマフラーを、なぜその代わりになるものが発明されてなお、自転車通学者に強要する意味がわからない。

学校が見える大通りの向こう側、学校外で教師に呼び止められネックウォーマーを没収されたそうだ。そんなとこで待ってるなんてと長男が驚いていた。私もつまらない仕事があるもんだと正直驚いた。焼却処分だとゆう。アラミド繊維のネックウォーマーは果たして燃えるだろうか? いろいろ疑問である…。
----------(無断引用終わり)----------

納入指定業者の既得権確保の為に業者が何らかのアクションを採り学校側がそれに応じむにゃむにゃ...というのがあるのかないのか。毎年競争入札や出来レース演出なんてかったるくてやってらんないよぅ!という行政の怠慢があるのかないのか。けどオープンにしちゃったら他県の業者あるいはスケールメリットや政治力を持つ企業が参入してきて湯煮苦露学制服になり地域の商業者が沈没してしまうし税金も落ちないという苦慮があるのかないのか。

などと真面目なことを書いちゃうがこれは政治経済の縮図であるのだと息子どのへの教材にもなるとも言えるのだ。おそらく一番責められるべきは制服・校則というものへのコンサバティブに過ぎる(メンドクサイダケ?)姿勢であり業者の企業努力への怠慢かと(そこいらのおじちゃんおばちゃん店が世の空気を敏感に察知し問題意識を持つかあ?)。

マフラーが自転車通学者には危険要因であることやコート(カシミアじゃないよね?カシミアは軽いよぉw)がくっそ重いのに温かくないとか動きにくくて危機から脱するのに足かせとなるとかの問題点を学校・自治体・保護者にはっきりと認知させ、変えるべきは変えさせるきっかけを作ることですよ。なあに、ちょいと強く言えば意外と容易に変わるって。制服の性質上、毎年ころころ変わるわけにもいかんけどね。お兄ちゃんのお下がりを弟へってのもあるし。

ま、規則のための規則みたくなってるところを真面目に考え直すこともせずに形骸化したままゴリ押しする教師って馬鹿やと思う。アタマ使ってない奴は正論で突くとすぐ転ぶ。てか、よい提案があれば握りつぶすのではなく検討されるべきだし、そういう柔軟さやスピードがあって欲しい。経験上この辺は校長先生のキャラや能力・やる気に負うところが大きい。

大変な思いをして頑張ってる先生も居れば、お気楽無責任先生も居る。授業やって、職員会議して、上への報告とかの業務こなせばハイOK!生徒や保護者のことを真剣に考えれないのであれば怠慢パチもん教師でしょう。

みんなもパチもん、GETじゃぞ!

佐賀・神埼、なにげにすごくね?

「道の駅大和」でふと思った。

平成の大合併以前、元々の佐賀市の北に隣接しているのは大和(やまと)町なのだが、なんで大和なのだろう・・・

徐福伝説、1900年以上前に建立された櫛田宮、日本武尊やスサノオノ命、櫛名田姫が祀られる神社の点在、地名に残る大蛇退治の伝説、大規模な環濠集落(吉野ヶ里遺跡)、平家隆盛の元となった天皇領の荘園、承久の乱で京を追われた後鳥羽天皇が逃げ落ちた山里・・・何故ここに?

なんなのだろう佐賀、神埼。

そして40kmほどの距離に日本最古の大己貴(おおなむち)神社・・・
大己貴命(=大国主命=天照大神?)

ちなみに魏志倭人伝に出てくる伊都国が現在の福岡県糸島であろうという説は有力なのだが、山ひとつ向こうという近さ。

・・・怪しすぎる。

九年庵を訪れた方は是非隣接している仁比山神社にも行ってみてくださいね。

重曹の主成分で末期ガンが治る!?

2年前入院して大腸ポリープの摘出手術を受けた。体の異変を知ってから9ヶ月間、痛みと倦怠感に襲われながら仕事(職業訓練−Web制作の講師)を続けた。自分はガンであると確信していた。

何が起きているのか、どうすればいいのかネットで調べまくったのは言うまでもない。
自分の体の中に、牙を剥き、いきなり襲い掛かるであろうガン細胞が居るとしたら。
T型、NK型の免疫細胞を活性化させておくには。。。

手術後一週間、生体検査の結果を聞いた時の安堵は今も忘れない。
「吉田さん、もうあと少しでガンになるところでした。ポリープは完璧に除去しています。」

「ガンの症状に対し、破壊的な薬、細胞や人体を殺す化学療法のような劇薬によって処置することで莫大な富を得ている」
こうした製薬カルテルの存在は本当だし、国立ガンセンターの元医師からの口からも語られている。
そしてそれはある意思、「人口削減計画」の一環なのだという。
それにも大いにうなづける、信憑性を感じる。世界的な食糧難は現実的な問題として刻々近づいているのだから。

で、これ。facebookの友人が紹介しているページです。
オカルトか?と思える記事も混在はしているのだが、興味深い。

http://mizu888.at.webry.info/201311/article_77.html

BLOG再開すっかなあ・・・

ずっとfacebookにしか投稿してないが
この頃は理屈っぽいこともときどき書くので
「3行以上書いたら読まん!」とか言う
友人S画伯とかも居て(笑)
迷惑かなあ・・・と。

だったらBLOGしかないじゃん。

暫く連動にしてみまそ。
訪問者数

娘18番茶も出バナー
↓これをプチするとね、凄いことに別段世の中は変わりません
ジモモ佐賀
Yoshida Tadashi

バナーを作成
  • ライブドアブログ