「生まれるのは偶然、生きるのは苦痛、死ぬのは億劫」などと人生を評したシニカルな言葉があり、また、「人生とは愚行の連鎖に過ぎない」と言った人もありました。私もそんな気分になってしまうことは少なからずあります。しかし、Akemisanの「運命的な出会い」を読むと「人生には意味があり」、「生まれるのは必然、生きるのはハッピー・・・」なんじゃないかという気になり元気が出ます。ほんっと強運をお持ちなんだろうなァ。

三十路の「呼ばれた?」も「あぁ、何かしらそんなことってあるよね」と確かに思う。科学や論理では到達できないこと、人知を超えた大きな力の存在は時に神であったり縁であったり虫の知らせであったりして、やっぱり頑としてあるのでしょう。生命の起源だって宇宙の起源だって恐竜の絶滅だってあらゆる学説は推論でしかないし数億年前の星の光が今自分の網膜に像を結んでいるなんて理屈はわかってもやはり信じがたい神秘ですよね。