東京ラーメンはマズイと。うん。わしが思うにあれは「別の喰い物」と認識すべきである。

考えてもごらんよ、博多・筑豊・久留米・北熊本という狭いエリアで比べただけでもそれぞれのラーメンの味は大きく異なるノダ。南熊本の人間が北熊本に来ていて「こっちのはまずくて喰えない」と言うのを聞いたこともある。

ラーメンではないが、京都で「長崎ちゃんぽん」を注文したら醤油味の沈んだ具や麺が見えるスープで出てきてビックリした。「何じゃコリャ、これのどこが長崎ちゃんぽんなんだ!」といったら厨房からギヌロと睨まれたのを憶えている。

ラーメンの味は方言と同じくらいに土地土地で違うようである。同じ佐賀弁でも鳥栖と神埼平野部と神埼山間部では違う。そこまでいかずとも美味しいラーメンの定義は緯度と経度で微妙にずれていくんではなかろうか。

九州でもロイヤルで「パーコー麺」ってのを頼むと東京ラーメンみたいなのが出てくる。それが好きな人もいる。東京では九州ラーメンは「ドロドロして気味悪い」と不評だが、それでも名前の変わったうまかっちゃんがスーパーで売られたりしている。つまりは自分なりの概念とのせめぎあいなのだ。

まあ。マズイ店はどこに行ってもマズイがね。