わしは比較的親切なほうの人間であるので、しゃていが「リーディング・トレーリングてなん?」と聞いてきたことに対し答えるものである。二輪や四輪で使われるドラムブレーキに於いて車輪と一体になって回転しているのがドラム。その内側で車体と一緒、つまり固定状態にあるのがブレーキシューやカムなどであるが、ブレーキシューのうちドラム回転と同じ方向に追従して開くのがリーディング・シュー(図左側)。反対にドラム回転に逆らう方向で開くのがトレーリング・シュー(図右側)。リーディング・シューはドラムの回転に引きずられてドラム内壁に食いつくのでこちらの方が強い制動力を発揮する。
当時のレーサーや高性能車は「ツー・リーディング・ブレーキ」と呼ばれる「カム2本、リーディング・シュー2個」で構成されるブレーキを装備、さらには大径化や内部冷却のため外気の導入を行うエア・インテーク
を設けるなどしてエンジンの高出力化に対応していた。

図中の黄色い[BREAK!]ボタンを2秒ほど長押しするがよい。