誠志郎とバイクを並べて旅立ち。何もかもが初めてづくしのビギナーライダーズ。西区をスタートし、中央区、東区と博多湾の南から東側の湾岸を回り、福岡インターチェンジへ向かう。もちろん高速道路も初体験だ。いつもネズミ捕りやパトカー、背後にいつの間にか忍び寄る白バイを気にしつつ、スピードメーターをちらちら見ながらの日常、100〜110km/hを堂々と出せることに笑いが出る。今となっては可愛いもんだと思えるが、120km/h強でも必死。全身に絡みつく真夏の空気の重さを、首が締まる程ジェット型ヘルメットが持ち上げるを、前から後ろへ放り投げられたかのように飛んで行く景色をわくわくしながら楽しんだ。

この時既に高速道路での二輪の法制が不公平であると訴えかける署名が全国的にあっていたように思う。重くても200kg程度しかないバイクが(道路を傷めない)2人乗車を許されず、10人乗りの小さなバスと同じ通行料金・・・250cc以下に至っては制限速度80km/h。規制緩和とやらで2人乗車が許されるようになったのはつい最近のことである。それにしても制限速度100km/hとはねぇ。300km/hオーバーの最高速を誇るスズキの隼や各社のツアラー、MotoGPマシンに近い構成のスーパースポーツなんぞはやっぱり力を出し切るところなんてないナ。