FEPつうのはFront End Processorの略だったかしらん。
狭義的にはATOKとかIMEとかことえりとかかんなとかうんぬとか・・・まあ、仮名漢字変換システムのことをそう呼んでいました。今どきはもう別の呼び名になってるかもしれないなあ。
アナタの携帯電話にも何らかのソレは搭載されているわけですね。

大なり小なり学習機能があって、使い続けるうちに「おお、それよ。ようわかったなオマエ」と言う具合に賢くこちらの意図する漢字を引っ張ってくるようになるはずなんだが、どうもこの頃笑わせてくれることが多くなったのは気のせいだろうか。

「月額保険漁」
それって、オサカナ獲って暮らしているヒト達がなんとなく喜びそうだなあ・・・定額納めていたら必ずオサカナ獲れるんよね?獲れない月には生活保障してくれるんよね?そんなもんがあるなら転職したいと思っているわしですが。

「抽象起業父さん防止恐妻」
お父さん、確たるビジネスモデルも人脈もなしに会社にすりゃなんとか儲けるんだろなんてアマい考え(にもなっていない状態)で起業したって借金こさえて一家離散するのが関の山だって言ってるでしょうが!この、馬鹿男!金貸しと税金取りと社会保険庁がニヤニヤしてるわよ、まったくもう。せめて中小企業倒産防止共済に入っときなさい。