みかん(ゴールデンレトリーバー)が臭い。食欲がない。水をがぶ飲みする。内股の毛が濡れている・・・ネットで調べたらどうも子宮蓄膿症であるらしい。お産を経験していない老犬がかかり易いと。家の中でばい菌だたけの膿を撒き散らされてはかなわないので病院に連れて行くことに。30kgをかかえ、車に載せる。車の中は即けだらけ。診察即入院で翌日子宮と卵巣の摘出手術を受けることとなった。点滴の管を何度も食いちぎるので困ったという。隣のケージの狸が臭いのなんのって・・・
翌日手術に立会い。摘出された子宮は巨大なフランクフルトのようだがもちろん食欲が湧くようなシロモノではなくひたすらグロかった。
看護婦(?)さんの言うとおりみるみる元気を取り戻し、旺盛な食欲でりんご(トイプードル)の餌を何度となく盗み食いする。
まあ、生き延びれてよかったな。