ああ、昨日の続きがやっぱりあるんだと。

今日はどうだろうかと。つらいのか、すこしはラクかと。

行かねばならないので心と身体に鞭打ち行くだろうが、終いまでやりおおせるだろうかと。

人を導かねばならないが、どれほどはっきりしていられるだろうかと、頭の中の味噌。

彼らを教える時間の価値(自分にとって、彼らにとって)、それに使う残り時間の消費、
別の使い方との重さの比較。

いいのか、いいはずだ、少なくともそれなりに考え決めたはずだ。

伝えたい、伝わっていない。動けなかった日伝えたつもりが十分でない。
いざという日が来てしまう前にはっきり伝えておかねばならない。
躊躇と、止まらない日常の歯車が(止まっては困る)またそれを先延ばしに。

今日、何か少しでも生きた証拠を残せるのだろうかと。