昔のPCから知ってる人は
ATARIをご存知かもしれんが
今回のはその後に「屋」がつくんです。ぷぷ。

知り合いのツイートで知った。ぷぷ。

この近辺通行の際はご注意を!とのこと。

ある人のご子息が自転車で通行中(急いでいた)としよう。
ご子息は強豪の高校野球チーム、レギュラーで運動神経は良い。
幅2m程度の歩道(警察的には自転車通行OK)に接した門扉。
そこからぽんと人が出てきて、避けられず接触したそうな。
幸いにも出てきた人は転びもせず、大事には至らなかった。

当日その人は用事で九州北部から山陰まで行かれたという。
後日親御さんがお詫びに行ったときにも「仕事中」ということで
約1時間半待たせた後、普通に歩いて出てきたということだった。
事故から一週間程度経った現場検証にも自ら運転して
警察に出頭、検証中もいたって普通に歩かれていた様子だったので
居合わせた人たちはみんな「大したことなくて良かった」と
胸をなでおろしたに違いない。

ああ、軽い事故で済んで良かった良かった・・・・
交通障害保険にも加入していたので一件落着う!
・・・じゃないんだな、これが。

保険屋さんが示談交渉に入った。
治療費と慰謝料を合わせ1/4ミリオンyenを提示。

(うわ、そんなに貰えるの?チャリでちょんと当たっただけで!)

大したことなかったように見えたその人は
ななな、なんと、その3倍の額を要求。

(え?3/4ミリオンだと!?)

「10日程も痛くて仕事出来なかった」←そうは見えなかったと関係者
「その後は自分で治療した」←整骨院経営らしいが自分で治療費計上
「治療は4ヶ月かかった」←病院の診断書では2週間じゃ・・・

当然示談交渉は難航し、担当の保険屋さんは怒り心頭
「自腹で弁護士を立てて争う」とまで覚悟しているそうな。
高校生の父君は
「ん〜、限りなく#000に近い#111位やね〜。ATARI」と
ワケのわからんコトを言う。さっぱり意味不明だ。

不景気ですからこういうハナシも増えることでしょう。
皆さん、運転はくれぐれも慎重に。
(通勤途中140km/hも出して、見える車全部抜いたりしちゃいけませんね)
中高生、携帯チャリなんかぜってーすんじゃねえぞ。