いや、今は乗っていないので表題は偽りとなるのですが。
インターネットの恩恵は凄い。FBで若き日憧れた世界チャンピオン
直に会話できるなんてね。
オンラインだったので臆せずチャットで話しかけてみたら・・・
記念としてここに残しておこう。

−−

紋甲:チャンプ、お忙しいですか?

TK:相変わらずですな、

紋甲:初めまして、失礼します。

TK:はい、

紋甲:九州に住む者ですが、チャンプの活動にお手伝いできることもあるかもしれぬと思い、話しかけました。
WEB系のことはお手伝いできます。

TK:それは助かるね。

紋甲:夢を見させてくれた御礼がしたい。

TK:まだ崩れてないか?(笑)

紋甲:記憶は風化しないですよ(w

TK:その上に積み上げるも良し、捨て去って、新たに築くも良し、想いを寄せて「指標」を創る。そんな活動だ。

紋甲:私ももう若くないので、「自分の為だけ」というのにはあきたらない。何かをやる時期なのです。

TK:55歳と言えば、まだまだ若い。社会と自分磨きに、一緒するかね? BERT.灰潺紊望径圓靴討いた、時間の許す限り、過去ログを読んでみておくれ。哲学科の貴方なら、何処を狙ってるかは想像できるだろう。想いを一つに出来れば、スピードも上がる。

紋甲:プロフまで見てくれたんですね。レーサーのスピード(w。拝見します。
何の役に立てるのか自分で考えておきます。

TK:お互い、肩ひじ張らずに走らせましょう。永い付き合いが出来るように。

紋甲:有難うございます。お話出来て光栄でした。

TK:こちらこそ、楽しかった。近くまた・・。

紋甲:See you, PRINCE!

TK:はっはっは、

紋甲:お忙しいところを。ではまた。

TK:いつでも。

--

TK氏は若いときからライディングだけでなく
思考も言動も卓越した人なのだ。
この短いチャット文の中にもにじみ出ているとは思いませんか?
ちなみにわしはあ法律学部あ法律学科の出ですが(w