オートバイ

またやるんだそうな

歴代ライダー総出演で現行の仮面ライダーひとりじゃ歯がたたない相手を助ける話は過去に何度もあってたよね。

しかし現行の仮面ライダーだけにしかバイクがなくって、他の旧ライダー達はどこからともなく身ひとつで現れるのを何故今まで誰も突っ込まかったんだ!?
(この映画ではバイクで出てくるらしい、ヨカッタ・・・)

現行ライダーが「先輩たち、バイクどうしちゃったんですか?売ったんですか?盗まれたんですか?今日はバスか電車で来てくれたんですか?まさかチャリっすかあ!?」などという台詞言ってくれないかといつも思うわけです。バイクなしならライダーじゃねーし(笑)!

娘(=アニメ&声優ヲタ、22)と見に行くかなあ・・・



藤岡弘、とかオダジョーとか、ギャラ高くなってたり別キャラで出世してたりするともう出られないよねえ。最近のやつはジャニーズみたいな仮面ライダーばっかりで若手イケメン俳優の登竜門になっている面もあるようです。オダジョーがライダーだったのを知らない若い人たちも多く、教えるとびっくりされるそ〜な。

がんばれ日本企業!サムライは野球界だけにあらず



あ、はい。『100年に1度の・・・』とマスゴミが喧伝する不況の昨今ですが。
日本経済を牽引する優秀な企業にはやはり頑張ってもらわねば。

海外仕様は200馬力。国内モデルは220万円で今月発売とか。
こういうモノを移動の道具として考えてはイケマセン。
心のライターですね。♪Common Baby Light My Fire 〜〜〜〜 aaaahhhh!

う〜ん、カワユス

おネエが、ではないよ。バイク。


専用に作られたスペシャルサイトGLADIUS



『スズキ グラディウス』だそうです。ローマの剣闘士の剣を意味するそうです。刃物をバイクの名称にするところはKATANAを世に送り出したスズキのこだわりか。でもネーミングのわりにはポップでオサレなバイクだ〜。ずっと前から気になっていたSV650のエンジンが基本だし。

おじさん、可愛い娘でもみたやうについニコニコしてしまう。

バイクに乗り続けることを誇りに思う−13−

誠志郎とバイクを並べて旅立ち。何もかもが初めてづくしのビギナーライダーズ。西区をスタートし、中央区、東区と博多湾の南から東側の湾岸を回り、福岡インターチェンジへ向かう。もちろん高速道路も初体験だ。いつもネズミ捕りやパトカー、背後にいつの間にか忍び寄る白バイを気にしつつ、スピードメーターをちらちら見ながらの日常、100〜110km/hを堂々と出せることに笑いが出る。今となっては可愛いもんだと思えるが、120km/h強でも必死。全身に絡みつく真夏の空気の重さを、首が締まる程ジェット型ヘルメットが持ち上げるを、前から後ろへ放り投げられたかのように飛んで行く景色をわくわくしながら楽しんだ。

この時既に高速道路での二輪の法制が不公平であると訴えかける署名が全国的にあっていたように思う。重くても200kg程度しかないバイクが(道路を傷めない)2人乗車を許されず、10人乗りの小さなバスと同じ通行料金・・・250cc以下に至っては制限速度80km/h。規制緩和とやらで2人乗車が許されるようになったのはつい最近のことである。それにしても制限速度100km/hとはねぇ。300km/hオーバーの最高速を誇るスズキの隼や各社のツアラー、MotoGPマシンに近い構成のスーパースポーツなんぞはやっぱり力を出し切るところなんてないナ。


バイクに乗り続けることを誇りに思う−12−

西新を発ち、誠志郎の家

バイクに乗り続けることを誇りに思う−11−

夏の新聞休みに交代でとれる休暇(仲間が受け持ち区域の新聞配達を代行してくれる)を足して3泊4日の初ツーリング。一緒に免許をとった誠志郎と行くことになった。続きを読む

バイクに乗り続けることを誇りに思う−10−

その後も小さなトラブルはあったが、我がCB350はおおむね快調に走ってくれた。信号青。とたんに自動車を置き去りにできる加速。体重移動なんて大げさなものでなく、体のわずかな動きに反応してくれる操縦性。体で風を切り裂いていく爽快感。交通弱者だった自転車〜原付から一気に孤高の存在にでもなったような自由感。

Born to be Wild....
わしゃ、もう、キャプテン・アメリカです。
TransAm途中に撃ち殺されるです。

最初のツーリングを計画した。

バイクに乗り続けることを誇りに思う−9−

無目的(いや、加速と音を楽しむ)暴走(いや、走行練習)の翌日、ガソリンタンクが空なのに気づく。
つい先日、満タンにしたやん。そんなに燃費悪いんか?もしかして抜かれた?いや、そんな痕跡はない・・・。

どうもこれ、夜中のうちに少しずつ漏れて地面に吸わせているようである。
「いもとさーん、ガソリンの漏れてタンク空になるぅー!」バイク屋さんに持ち込むとフュエールパイプやフュエールコック(ま、蛇口みたいなもん)のパッキンが劣化して複数箇所から燃料がヨコ漏れしてたようで、交換が必要な部分は後日無償で新品にしてもらった。交換作業はやらされた。

数日後、今度はヘッドライトが暗い。続きを読む

バイクに乗り続けることを誇りに思う−8−

新車ではないがそこそこ程度のいい(と思えた)CBだった。DAXで走りに対するフラストレーションが溜まりに溜まっていたので、その容姿・大きさ・重さ・音・加速・・・「バイクだ!これぞバイクだ!」とうれしくてたまらなかった。実はそれまでにアニキのYAMAHA AT-1HONDA BENLY CB125JX
にちょいちょい無免で乗っていたのだが、やっぱり350のパワーは違う!夜な夜な引っ張り出しては大濠公園周辺とかけやき通りあたりでアクセルあけまくってました。単独暴走族というか爆走族というか・・・それはもう今思うと狂っているとしか言えない行動をとってたもんですわ。

HONDA BENLY CB125JXYAMAHA AT-1
HONDA BENLY CB125JXYAMAHA AT1

別に暇なのではない2

●カフェレーサー ここ見ろ

ここもな〜

●ドラムブレーキ ここ見ろ



訪問者数

娘18番茶も出バナー
↓これをプチするとね、凄いことに別段世の中は変わりません
ジモモ佐賀
Yoshida Tadashi

バナーを作成
  • ライブドアブログ