ロードスター

復活の日

ラジエター新品交換。LLC交換。以上。

・・・よかった。エンジンは無事だったようだ。
考えられる最低損害&費用で済んだのではなかろうか。

もう製造されないリトラクタブルライト、レーサーと同様の
ホイールアライメント、サスペンション形式。
現在に比べ、まだいろいろな基準がアマい頃の
ライトウェイトスポーツ、車重960kg。
燃費や安全性・快適性、環境性能などに
縛られた今出来の車にはない、乗る楽しみ。
そう、Fun to Drive (メーカー違うが)

そう言えば末息子はもう17歳である。

ああ〜、おシャカ?

帰宅途中、聞きなれないカラカラ異音&ヘンな臭い。

直後に息子が「煙出よらん?」と言う。

「え?あ?」

水温計がHを振り切っているではないか。
直ちに停車してボンネットを開けると
「しゅ〜」といいながらラジエター脇から湯気が上がる。

昔の映画そのままのオーバーヒート。。。

とりあえずうどん屋さんの駐車場に停めさせてもらい
家人にそこまで迎えにくるよう電話をする。
直らなかったどうしよう。明日からの足どうしよう。
困るー。頼むからもうあとしばらく生きていてくれ。

今春車検通したばかり、車税は滞納中なのだ。

今はコイツで

もっぱらの足はコイツで。仕事にも私用にも走りにも。
きゅうは髪切りい、いたてきた。


ロードスター#2
 
ロードスター#1


Wikipedia←気が向けばどうぞ。わしのはNA型だろ。

新カテゴリ追加。

ユーノス(マツダ)のロードスターを本格的にワガモノにして2ヶ月になる。

走行距離はまもなく14万Kmに達しようかという古い車で、年式的にはとうにポンコツ、廃車処理場で山積みになっていてもいいくらいのものだが、オープン2シータースポーツ。普通の車ではなく、男の子の玩具ナノダ。

ぎしぎしガタガタいいながらも、結構なレベルの速さで、気持ち良く走る。曲がる。止まる。
乗れば乗るほど好きになっていく。

福岡市から旧三瀬峠(ループ橋やトンネルを通らないほうね)を越えて帰宅するのが超楽しい。気持ちいい。早い。

事故を起こさない範囲でこの玩具を楽しむことにする。
訪問者数

娘18番茶も出バナー
↓これをプチするとね、凄いことに別段世の中は変わりません
ジモモ佐賀
Yoshida Tadashi

バナーを作成
  • ライブドアブログ